おさしみはおいしい

新参オタクです

2018年

超ざっくりな文章ですが2018年の振り返りをします。

 

・クイズ

日頃から「飽きたからやってない」という言い方をしてましたが

正確に言うと「インフレする難易度に付いていくだけの熱意がないのでドロップアウト」となります。正直もう無理。

というわけで全然やってない(当社比)んですけど元々クイズが好きで始めた稀有なパターンの人間なので辞めることはないと思います。

ついでに宣言しておくと来年予定されている賢竜杯は行きません。

日程発表の時点で本戦の日に既に外せない予定が詰められていたことが理由なんですけど、このせいで本当にクイズのやる気を失ってしまったのでもう普通の大会にも行かないと思います。

馴れ合いはしたいので顔出しとかはするかも。

 

・オタク

今年のトピックとしてはやはりライブに現地参戦するようになったことでしょうか。

シンデレラガールズ5にひなビタここなつ各1の計7回かな。

来年はオタクとしての幅を広げることが目標なので学会で推されているコンテンツには目を通していきたい。温泉が学会内の評価が高かったしプッシュされたのでまずはそこから。

あとはここ最近のライブ参戦によりかなり心境に変化が表れているのですが(決してマイナスの意味ではないです)、

自分でもどうなるかまだよくわからない状態なので気持ちの整理ができたら発表するかもしれないし無かったことになるかもしれない。

 

・現実

平成も終わり、平成生まれのゆとりボーイであるぼくもいよいよ30歳が近づいているということでそろそろ人生に向き合わなければなあと漠然と考え始めています。

給料いい会社に転職したいなあ、とか。将来のために資格取ろうかなあ、とか。

考えてはいるが行動しないで無為に人生を消化する可能性も大いにある。

あとは「ご報告」というタイトルのブログを書くのが目標。

とりあえず2019年はアンチエイジングを頑張りましょう。(特定界隈にのみ通じるやつ)

 

 

おわり。よいお年を!

シンデレラガールズ6th ナゴヤドーム公演day2 感想

引き続き12月2日に開催されたナゴヤドーム公演2日目の感想です。

公開が遅くなりましたが殆ど事前に書いてて寝かせてただけなのでセーフ(言い訳)

 

☆ライブ当日まで

1日目のアリーナC10を引いたセブンイレブンに再度発券に行き、アリーナB3を引く。

2日連続アリーナに感謝。アソビストアプレミアム会員の永久継続が決まったし発券はここでしかやらないと誓った。

1日目に大変な目に遭ってしまったのをかなり引きずってたんですが、泊めてくれた先輩(先輩ではない)の家でアニメ見てたらなんとか今日も頑張れるな、という状態まで回復しました。ありがとうございました。

 

☆開演まで

2日目は副会長と連番でした。前述のとおりアリーナB3ブロック後方席で、座席表見た感じだと角度があるのでちょっと見づらいかなと思っていたんですがメイン・センターともに程よい近さで見れる席でした。(と開始前は思っていたが実際はとんでもない席だった。後述)

個人的には1日目で燃え尽きたので、この日は純粋に楽しむことだけ考えて気楽に臨んでいました。(フラグ)

 

☆ライブ本編 

 

・Snow Wings

開幕即敗北宣言。今回初めてメンバーが揃うということで公演の目玉扱いされてた曲ですが全く出し惜しみすることがなかった。後半どんな曲が来るんだろうという期待が高まっていく。

 

・アツアツ♪マカロニグラタン

はい可愛い。ライブ前に五十嵐響子オフと称してハンバーグやグラタンやオムライスを食う会をして予習した甲斐がありましたね。(関連性は一切ない)

ただ種﨑敦美さんの声聞くために来てるんだからオタクは安易にフーフーを重ねないでほしい。ほんまに。

 

・Sunshine See May

副会長のこの曲の鑑賞方法が完全に""正解""だったのでぼくも真似していこうと思います。

相変わらず鈴木みのりさんはありえん歌上手いですね… っていう感想を出てくる度に書いてる気がするけど事実なのでセーフ。


・楽園

この曲はSS3Aで初披露したときのパフォーマンスが非常に感動的だったのでそこから気に入ってます。

その時からまだ3ヶ月しか経っていないのに明らかに成長が見られて伸び代〜〜ってなった。


・Snow*Love

アニメのEDでネタにされてた例のダンスはライブで観ると普通にかわいかったので作画が悪いということにしました。

属性曲はあまりメンバーに拘らないので期待薄ですがいつかは藍子ちゃんにCメロのソロパートを歌ってもらいたい……


・Starry-Go-Round

予想外のところから殴られて死にました。トロッコがとんでもなく近い。西武1日目のB7や名古屋1日目のC10の比じゃなく、間違いなく史上最も接近した瞬間でした。演者がぼくの顔を視認することができるレベルだったと思います。

あまりに衝撃を受けて曲中なのに(間奏だけど)副会長に「この距離マジでやばくないですか!?」と話しかけてしまいました。ごめんなさい。


・きらりんロボのテーマ

冒頭の寸劇から曲中の観客への呼びかけまで「遊園地のヒーローショー」を意識した演出が完璧でしたね。公演のコンセプトが事前に発表されてたんだからこれぐらいは予想してなければいけなかったのかもですが。

新幹部にオムライスにされたい。


・あんずのうた

これが来たことで3大「新参のぼくがライブでコールしてみたかった初期の曲」を全部6thでやってくれたことに。ありがてえ。(残り2つはメルヘンデビューとOrange Sapphire)

もりくぼが1つのライブの中でも曲によって振れ幅がすごいし、どの方面でも期待通りのパフォーマンスを見せてくれる高橋花林さんの有能さを再認識。

 

・MC(キュート)

告白の練習とかいう名の好いとうよ選手権の再来。結果は優勝。

 

ここまでに杏の出番固めといてMCでネタにしていくところとかそういう部分まで考えてセットリスト組まれてるんだなあと感心したし、そういう事を考えてないから予想が外れるんだなあと反省。

 

MCについては西武ドームの時と比較して明らかに台本変わってるし同じツアーの中でも意見を取り入れて改良していく姿勢がよく見えたのが◎。ここの運営はアンケート読んでくれるというのが分かったので今回はしっかり書こうと思いました。


・この空の下

こいつら6回組に感動系のバラード歌わせればいいと思ってやがる。正解。

正解だけどあまり型に嵌めすぎると可能性が狭まってしまうので違う方向性も見たいですね。これは次回以降に期待するところ。


ツインテールの風

今回のライブは光の演出とかが凝ってたので、メガネかけた信長が出てきたらどうしようとか思ってたんですが、

実際に出てきたのはメガネかけた長島光那さん。100%正解。

全公演でやったSEASONS表題曲の風の歌はオリジナルメンバーいなくても他の季節で歌った人を優先的に起用していて一つの物語として繋がる意識が感じられて良いですね。

・With Love

人がリアルに膝から崩れ落ちる現場を目撃してしまった。「あそこ(高田の位置)茜の立ち位置ですよね?」と副会長に確認したときの苦悶の表情が忘れられないので今度詳しくお願いします。

曲としてはラストのフレーズ(永遠に続きますように With Love)の種崎敦美さんの歌い方がめっちゃ好きなのでそこが聞けて満足。

 


・Frozen Tears

満を持して渕上舞さん登場。この曲については学会で色々聞いていたので見所については分かっていたのですが、

聞いているうちに隣の副会長が大変なことになっていたのでつられて泣いてしまった。これは仕方ない。

最後の口の動きについては既に散々語り尽くされているとは思いますが、

渕上さんについて詳しくないぼくでも北条加蓮というキャラが滅多なことではあんな事言わないというのは分かるのでそこで敢えて言わせた意味は、とか考えてしまいました。

後で副会長に答え聞いたらぼくの考えは大きく外してはいなかったのでよかった。

副会長についてはこの次のギルティどころかさらに次のラブデスでまた渕上さん出てきてるのにずっとタオルを目に当てたままだったので

これは本当にえらい事になったなと思いUO折るのやめたり棒の振りを弱くするなどしておきました。

 

・Neo Beautiful Pain

円盤で見たときにはパフォーマンスかっこいいなあくらいのイメージしかなかったんですけど、

今回見たときに全てをやり終えた後暗転するときにものすごく晴れやかな表情をしているのが見えて

ライブでは感じたことのない感情が出てきてどうしたものかなあとなりましたが詳しくは省略。

この話を打ち上げにいた奈緒Pにしようと思ってたのに忘れてたことを今思い出した。この後の曲でそれどころではなくなってしまったので。


・Trinity Field

1日目の感想を見てたら光の演出が推されていたのでそっちに注目しました。(1日目は歌を聞くので精一杯だった)

この後の展開を思えばそれで正解だったし運が良かった。

TPといえば4thの奈緒ソロパートが完全に優勝だと思ってたんですけど今回のはそれを軽々超えてきた感がある。事前の色々な情報からこの曲に全力というのが明らかに伝わってきてたのでこういう事だったんだなあと。

 

・流れ星キセキ

やる事自体は予想できてたんですがそこに至るまでの流れは完全に想定外でした。

この曲の立ち位置は明らかに最高のエンディングへ向けた歌だし、開幕の演出とかもありこれで最後かなあと思い今日のライブも良かったなあと勝手に総括を初めてしまったのを後で大いに反省しました。

その後どうなるかは皆さんご存知の通り。てかこの直後に書いてる文がそれですけど。

 

・always

これを「全員に」「最後に」歌わせようと考えた人はほんまに何なんだ。

コンテンツのことを完全に理解しているし客のニーズも完璧に把握している。まさにプロの所業。素人が生意気にもセットリスト予想などしてしまい本当にすみませんでした。

最後は盛り上がる曲で終わるもの、という固定概念を見事に破壊してくれました。この辺は1日目の総括で書きました(本当は2日通しての総括にするつもりだったのに先走ってしまった)

 

歌い始めて全員が揃ったときに、頭に浮かんだのはこの文章でした。

f:id:prophet_vibe:20181208125657j:plain

デレステ3周年のときに実装された限定SSRのセリフ。

これを思い出してからはこれまでの色々を思い返していたら曲を聞くどころではなくなってしまいました。

 

藍子ちゃんがいいなーと思った翌日に情熱ファンファンファーレのイベント告知が来てひたすらにテンションが上がってイベントを走り抜けたこと。

ライブに興味を持ったと同時に都合よく知人がチケットを余らせていたこと。

そのライブを終えてすぐに学会が発足し詳しい人からコンテンツについて勉強させてもらえる機会を得たこと。

そして勉強を重ねて自分で初めてチケットを取ったライブで最高のステージを見せてもらえたこと。

 

その他色々考えてたらボロ泣きしてしまいました。(というかこれを書いてるときに資料として上のカードのセリフとか聞いてたらまた泣いてしまってしばらく書く手が止まった)(注:これを書いたのはライブ3日後ぐらいです)

全てにおいて都合が良かったし機会に恵まれていた。これが縁とか運命とかそういうものなのだろう。

学会でよく縁がないと長続きしないよね、みたいな話をするんですけど本当にそうだなあと。ここまで色々してもらったらそうそう抜け出せない。

ぼくをこの界隈にどっぷりハマらせてくれた全ての皆様にありがとう。

 

☆終演後

久将軍が企画した打ち上げに参加。色々な話が聞けました。(この時はまだ元気があった)

その後まだ話すことが多すぎるなということで気心の知れたメンツで朝まで開いてる居酒屋に移動し二次会。

普段はあまり自分から喋るほうではないんですが、この場でだけは感情を吐き出さないとどうにかなりそうだったので

最初の感想記事に書いたやつとかalwaysのところに書いたやつとかを結構な長尺で喋ったらまた泣いた。お付き合いいただきありがとうございました。

ここで聞いた会長や副会長の話があまりに重かったので、それを受けてぼくもある決意を固めたのですが今は伏せておきます。語れるようになるレベルまでぼくが到達できたら言います。

 

☆まとめ

開演前に気楽に楽しめればいいやと思っていたのは何だったのか。 選曲とか構成とかから明確な意図が見えたのでそれに全力で乗っかるのが礼儀と思い大いに泣かせていただきました。

盛り上がり系の頂点が5thSSAで感動系の頂点が6th。元々曲の好みが極端にアッパー系に寄ってるぼくですら今回のラストはやばいなってなったので本当にやばいやつだと思います。次はどんな頂点を見せてくれるのかな。

 

全体的に見ればとてもいいライブでしたが多少残念なところがあったのも事実なので(音響まわりとか…)アンケートにしっかり書きました。次回良くなってくれるといいな。

 

おわり。

早く2月の再上映行きたい。円盤も早く出てくれ。

シンデレラガールズ6th ナゴヤドーム公演day1 感想

改めまして12月1日に開催されたシンデレラガールズ6thライブナゴヤドーム公演1日目の感想を書いていきます。(西武2日目は本格的に忘れてしまったので再上映見て補完します。すいません)

 

前の記事はただ感情を衝動的に書き殴ったものなので、

落ち着いた今見ると既に恥ずかしいしだいぶ変なことも言ってるんですが

資料として保存しておこうと思います。笑ってくれ。

 

☆ライブ当日まで

推しの中の人が唯一出る公演ということで言うまでもなくここがぼくの本命でした。

西武ドームでは2日ともスタンド席だったので、ここに全ての運を集中させたと信じてセブンイレブンに発券しに行き(ハズレ席を引くたび店を変えてたので3店舗目)

見事アリーナC10ブロックを引き当てました。

西武ドーム公演の配置に照らし合わせるとセンターステージのめっちゃ近く。

(実際のナゴヤドームの席では1ブロック外にズレていたんですがそれでも近い)

この時点でとんでもなくテンション上がって毎日チケットの席見てニヤニヤする儀式を行っていました。気持ち悪い。

 

☆会場入り

1日目はシンデレラガールズは初めての知人と連番。今思えば彼に適宜曲やコンテンツの解説を入れたりしていたので平静を保てていたのかな、とも。開演前にあらかじめテンションおかしくなっても許してくださいと言っておきました。

カレーメシ対策でペンラ2本(プラス藍子個人色)用意してたんですが、連番者が持ってきてた棒がレギュレーションNGのキンブレだった為1本を貸すことに。ありがとうカレーメシ。

 

 

☆ライブ本編

色々あって忘れてしまったところが多いので書けるところだけなんとか埋めていきます。許してください。

 

■OP

・イリュージョニスタ!

金子有希さんが真ん中にいてテンション上がったのは前回書いた通り。

曲としては演者のやる裏打ちクラップを真似しようとしたんですけど周りのオタクが普通に表拍でノッているのでうまく行かなかった。

 

■朝

・お散歩カメラ

ライブはその時限りのことをやって欲しいと思っているので壊さない程度の改変とアドリブは大歓迎。藍子ちゃんパシャリした写真はきっとメモリアルフォトブックに載せてくれると信じてるので発売が今から待ち遠しい。

 

 

・おかしな国のおかし屋さん

まさかの三次元ウサギ。西武ドームの時点でバックモニターないのは分かってたので予想することはできたけど思慮が足りない。

これも毎回違うことができる(間奏で食べるもの/王子)のでライブのほうが楽しい曲ですよね。

今回の公演は予想をいい意味で裏切ってやろうという意図が感じられたっていうのを総括としてやるつもりなんですけど、今思えば森久保王子もその一環ですよね。王子感一切ねえ。

 

 

・Starry-Go-Round

さすがにみんな熟れてきたのかコールが西武ドームのときより揃ってた感があってより一体感が増す。ぼくも名古屋ではモニターのコール見ずに全部入れられて成長を感じた。 

 

■昼

・Take me☆Take you

めちゃくちゃ好きな曲なのでやってくれて感謝。単純に曲としても大好きですけどライブでのこれは5回選挙組の成長の記録ですからね。初披露のときの緊張ぶりと比べるとすごい堂々としてておお~~ってなる(特に原田彩楓さん)

 

 

・秋めいて Ding Dong Dang!

脚を強調したダンス~~~~(あまり書かないほうがいい内容がこの後続きますが省略)

 

・Naked Romance

ユースフルロマンス(津田美波さんの今回の衣装)好きすぎる問題。

バックからセンターに向けて歩いてくる演出だったので「まだダメ」のポーズが完全にこっち向いてて優勝。優勝しすぎて打ち上げでめっちゃまだダメやった記憶がかすかに残っている。

 

・情熱ファンファンファーレ

前の記事では両手にUOって書いてますけど実際はUO2本+藍子個人色の3本持ちでした。

ファンファンのファンは振りコピでやりたいんだけど迷惑にならないか不安だったので結局普通に振ってました。

警察みたいなこと言うんですけど間奏の前(「まだまだまだまだ楽しみはこれから~」の後)はイエーイ入らないのが正解なのでこれ見てる皆様だけでも覚えていただけたら。

 

今回大人数でやったわけですがこの曲の立ち位置は今後どうなるんでしょうか。

パッション全体曲として十分に通用する強さ・盛り上がりを見せてくれたのは間違いないんですが、やはりこの曲は3人でやってほしいなあ…と思うところもあったりします。

ファンファンはみんなでやる、ポジパ3人はカレーメシをやる みたいな展開だったら納得できるかも。

 

■夕方

・Sweet Witches' Night

6人目はきらり。代打松嵜麗の安定感はさすがですね。というかこの曲のコンセプトがスイーツ×メルヘンなので飴キャラだったり言動がアレ(褒めてます)なきらりは適役すぎてなんで最初からいないんだってぐらいですが。

 

・祈りの花

必修科目であるところの高田憂希さん。学会でやった30分耐久祈りの花クイズ

などもあり見どころは完全に把握していたので見逃すことなく堪能できました。副会長に感謝。

 

・Last Kiss

最初原田彩楓さんめっちゃ歌上手くなってない!?と思ったんですけど基準が上にも書いたTake me☆Take you初披露の回だったので元々上手かったけどその時緊張してただけ説に落ち着きました。

てか今思い返したら群馬のNocturneでも全く同じこと思ってました。成長しないオタク。

名古屋のほぼ全行程を一緒に過ごしたオタクがこの曲のデレステMV再現について熱く語っていたので(ぼくは記憶にない)再上映では注目したいところ。

 

・さよならアンドロメダ

正直なところライブまではこの曲をあまり聴いていなかったので落ち着いてからめっちゃ聴きました。いなかった軍曹のパートがほぼ全部金子有希さんに回ってたんですね。

この曲のときが一番上手いと思った話は前回しましたけどそれでもやっぱり渋谷森久保を差し置いて真ん中立つなみたいなことは言われるんだろうな、と心配してました。実際のところ叩きはほとんどなく、配役を評価する声が多かったので嬉しさあり安堵感あり。

オリジナルメンバーでやって欲しいっていう意見はもちろんあったし、これは2日目にsnow*loveに対してぼくが思ったことと全く同一の感情なのでまあ当然ですよね、というかぼくも見たい。

ライトの演出がすごい綺麗だった話がそこかしこでされていたんですけどぼくはそれどころじゃなかったので全然見れてないのが心残り。天井の演出はきっと再上映や円盤には入らないんだろうなあ… (こういう演出も楽しみたいので演者を必死に追わずに済むオリメンでの再演を望んでいる部分もあり)

 

■夜

・ガールズ・イン・ザ・フロンティア

落ち着いてからこの曲に金子有希さんが抜擢された理由を色々考えてました。

答えはまだ出てないんですけどきっとこの系統の曲に適していること、期待に応えてくれることを運営は最初から分かっていたのかなあと。

前の記事で扱い軽くないみたいな愚痴っぽいことを書いたんですけど見る人は見てくれていたんだな、というのを感じ前回書いたことを恥じる次第です。でも消さない。

松井恵理子さんのパフォーマンスがすごい的な声が溢れてたんですけどぼくはそれどころじゃなかったので(2回目)全然記憶にない。再上演で回収するぞ。

 

・AnemoneStar

毎回思うけど福原綾香さんはCDよりライブのほうが歌上手い気がする。CD出てからライブでやるまでの成長度がすごいって事なんでしょうか。今の状態で1曲目とか歌ったらどうなるのか気になるので次回に期待します。ってので調べたらCM1弾が6年前でつらみしかない。

 

・サイキック!ぱーりーないと☆

予想では最初に挙げたけど冷静にタイトルが夜だった。情熱ファンファンファーレのCDに入ってる曲だしユッコのキャラも好みなのでめっちゃ聞いててムンムンムンとかのコールほぼ全部入れられたんですけど周りは全然入れてなくてかなしい。

あとサイキックジャンプ問題は普通に言いましたね。本当に飛ぶオタクは全くいなかったので皆訓練されている。

 

・毒茸伝説

パンデミック読みでしたけど結果はこっち。でもこっちのほうが分かりやすいコールがあるので参加者としては楽しいかも。デスボイス的なやつに挑戦しようと思いましたが喉潰す危険性が高かったので普通に叫びました。

 

・Trinity field

この公演最大の目玉なのでなんか言わなきゃなあと思ったんですが1日目のこの曲については周りのオタクのせいで楽しめなかったので(配慮した表現)2日目のほうでなんか書きます。

 

☆終演後

名古屋の知り合いオタク集団を中心とする打ち上げに参加。待ち合わせ場所に着いてまずハイタッチを交わしたあとに皆から優勝おめでとうとか今日の藍子良かったとか言ってもらえた時が感動のピークだったかもしれない。感極まってゲーセンで泣いたのは覚えてます。

 

☆まとめ

上でちょっと書いたけど「予想を超えてくる」ことを意識した公演だったなあというのがまずあります。ガールズインザフロンティアの歌詞が今のシンデレラガールズの方向性であるのは間違いないと思うのでそこに気付かなきゃいけなかった。

お仕着せの幻想捨てて新たな地平へと飛び出そう。

ぼくが公演前に書いた「こういうパターンだろう」という意識で書いたセットリスト予想こそが「お仕着せの幻想」だったと。

なのでこれが大外れしてくれて良かったな、と思う部分もあり。素人が簡単に思いつくことで満足されてたら一瞬で飽きてしまう。

定番曲を敢えて外しても新しい曲だけでこれだけのセットリストが組めるコンテンツになったということできっとこれからも新しい衝撃が待っていることでしょうし大いに期待したい。きっとこのライブも通過点。

 

というのが全体の考えなんですけど推し個人から見ればこの公演を超えることはできるのだろうか…?という想いもあり複雑な心境。

とは言えまだやり残したことは多いし(snow*loveの披露とか。アインフェリア勢揃いとか。)まだ見ぬ新曲も期待しかないししばらくオタクを辞められそうにない。

 

おわり。

まだまだまだまだ楽しみはこれから!

 

 

名古屋公演のセットリストを予想した(2日目/冬)

 2日目の予想です。

やる前に出さなきゃ意味ないので根拠のコメント書いてないですけど出します…… そのうち補完します

 

・OP

1. イリュージョニスタ!

 

・朝

2. 追い風Running

3. AnemoneStar

4. cherry*merry*cherry

5. 恋が咲く季節

6. snow*love

7. あんずのうた

8. Starry-Go-Round

 

・昼

9. 冬空プレシャス

10. snow wings

11. アタシポンコツアンドロイド

12. Sunshine See May 

13. モーレツ★世直しギルティ!

14. あんきら!?狂騒曲

15. Yes! Party Time!!

 

・夕方

16. ツインテールの風

17. アツアツ♪マカロニグラタン

18. white again

19. 祈りの花

20. always

21. Frost

22. 薄荷

23. 楽園

 

・夜 

24. 踊りまくろ☆ダンシング・ナイト

25. おんなの道は星の道

26. ラブレター

27. Trancing Pulse

28. ∀NSWER

29. Love∞Destiny

30. 流れ星キセキ

31. BEYOND THE STARLIGHT

 

・ED~アンコール
32. Stage bye Stage
33. M@GIC☆
34. ☆新曲☆(←なんかやるならここ。これは願望。)
35. お願い!シンデレラ

 

真面目に名古屋公演のセットリストを予想した(1日目/秋)

なんかやたらと名古屋セトリ予想お願いしますと言われるので公開します。

西武ドーム2日目の感想今週中に出すって言っときながらまだ書いてないのに。

 

以下1日目の予想。前提として西武ドームと同じ構成を意識。

予想が外れても一切責任は取りません。ご了承ください。

 

・OP

1. イリュージョニスタ!

多分最初と最後は固定だと思っています。

 

・朝

2. サイキック!ぱーりーないと☆

3. 恋色エナジー

4. はにかみdays

5. おかしな国のおかし屋さん

6. Blooming Days

7. Flip Flop

8. Starry-Go-Round

 

1曲目はこれであってほしい。 歌詞で客にジャンプを煽るとんでもない曲ですがどうなることやら。

その後は無難にソロ曲ゾーン。

卯月か凛のどっちかが1日目もう一方が2日目の読みで2日目はPCS揃って出番多いので1日目に卯月。

おかしの王子役は南条君と予想。

Blooming daysはほぼ確定かつコールが結構複雑なので予習しときましょう。

Flip Flopはデレステのコミュが秋だったので多分くるでしょう。そもそもオリメン1人でもいるのこの日しかないし。

 

・昼

9. 空想探査計画

10. エヴリデイドリーム

11. 秋めいて Ding Dong Dang!

12. Sunshine See May

13. モーレツ★世直しギルティ!

14. PANDEMIC ALONE

15. あんきら!?狂騒曲

16. 青空エール

 

空想探査計画は秋曲かつあやめ殿の出番確保としてほぼ確定で。

まゆのソロをこっちで予想したのは空想からの妄想をやりたかっただけというのと

昔の曲を2人で歌う枠で日菜子ちゃんと一緒にやるのがしっくり来るかなという読み。

山紫水明がユニット曲出すよの時点では夕方ゾーンに仮置きしてたんですけど聴いたら思ったよりキラキラしてたので昼に繰り上がりました。サンシャインだしな。

からのギルティはSS3Aで見せた落ち着いた空気を一気にアガるほうへ切り替えるパワーを期待しての順番。(SS3Aはおんなの道は星の道からのギルティでした)

そして第一の山としてハイテンションな曲を挟んでサプライズ期待枠の青空エール

WWGとかU149とかの曲やれてるのでそろそろこれも解禁していいのではと期待。

珠ちゃんの出番確保枠でもある(オリメンであることを忘れられてそう)

 

・夕方

17. Happy*2 days

18. 空と風と恋のワルツ

19. 秋風に手を振って

20. 君への詩

21. 2nd SIDE

22. 青空リレーション

23. Twilight sky

 

Happy*2 daysはアニメユニット枠。個人的にはHeart voiceがめちゃくちゃ好きなんですけど幸子いないのでこっち。

そこからしっとり系の曲を繋げて選挙B面枠の君への詩まで。2日目は多分Always。

ここで茄子さんの出番を確保。

後ろのソロ3曲は予想するときに真っ先に固めたところなので一番実現してほしい部分。

夕方の最後をTwilight skyにすべきなのは確定的に明らかで、そこへどう繋げるのがいいか考えた結果の雨空の歌→雨上がりの青空の歌→夕暮れ空の歌。 

この流れをできるのは1日目だけなのでこっちに入れましたが2日目をどうしようか全然考えてない。

 

・夜

24. さよならアンドロメダ

25. Last kiss

26. Love∞Destiny

27. Sweet Witches' Night

28. Trust me

29. ∀NSWER

30. Trinity Field

31. Vast world

 

やりそうな曲のうち強いのと夜っぽいのを最後に詰め込んだだけ以上みたいな感じになってしまった。

まず曲だけ挙げてったら森久保3曲加蓮3曲と偏ってしまったので2曲連続が発生しないようにと考えてこの順番に。

全員そろってないユニット曲はあんまやらないっぽいのでSweet Witches' Nightはどうかなーとも思ったんですけど法子と雫の出番があんまなかったので採用。

TPについては1日目がこっちで2日目はTrancing Pulseの予想。2日目はTP以外で揃ってるアニメユニット枠がないのでそこの補完として。とか言ってるけど普通にニュージェネでやってくるパターンもありうる。

最後のVast worldは西武1日目のラストがHappy New Yeahだったのを踏まえてそれっぽいやつを。

 

・ED~アンコール

32. Stage bye Stage

33. M@GIC☆

34. お願い!シンデレラ

 

最後もほぼ固定だとは思うけどアンコールだけちょっと変えてきそう。

その場合EVERMOREかM@GICの2択だけどGOINがアニメ曲なので同じくアニメ曲のM@GICに。

 最後はいつもので締め。お疲れ様でした。

 

以上ぼくのかんがえたさいきょうのセットリスト(1日目)でした。

独断と偏見のみで書いたので苦情は受け付けませんができる限り私情は捨てて現実的にやりそうなものを意識しているはず。

願望丸出しだったら真っ先にカレーメシを昼のどこかにねじ込んでいるので。

 

おわり。

シンデレラガールズ6th 西武ドームDay1感想

過去の記事は闇に飲まれました。これからはオタクとして生きていきます。

11月10日に西武ドームで行われたシンデレラガールズ6thライブの感想です。

 

★ライブに至るまで

去年の8月に初めてライブをLVで見て、そこから色んな方に「6thは絶対現地に行こうな」と言われていて、もちろん当時はその気だったんですが、1年以上あるしそこまでやる気を保ってられるかなあという思いが正直ありました。

今日までモチベーションを持ってこれたのは間違いなく某界隈で「学会」と呼ばれているライブ円盤を見て語り合う会に参加させてもらえてたおかげです。ありがとうございます。

 

★会場入りまで

今回は学会の会長ことぱんどらさんと連番することになりました。

発券ガチャにて会長がアリーナB7という席を当て(ぼくの席はゴミだったので知らないオタクに売りつけました)、ブロック配置は分からないものの良席の気配が強く漂いテンションの高まり。

 

実際に入場し、座席を確認すると

f:id:prophet_vibe:20181111005610j:plain

この図のB-7ブロックの一番後ろの席でした。

(※撮影許可を得て撮った写真を使用しています。念のため)

・メインステージまでめっちゃ近い(普通に表情がわかるレベル)

・振り返ってセンターステージを見ると演者まで障害物0かつ演者がC8側の角に立つと完全に真正面

・トロッコも見やすい(ただし演者はスタンドを向いている)

・B-C間が結構あいてるので動きやすい

という天才的な席でした。事あるごとに会長と2人で「席がいい」を連呼するくらいには。

 

★開演まで

開演待ちの間流されてるCMなどの映像を見ていたら突然

「これからスパイスパラダイスの映像が流れるので、配布したカレーメシのお面を装着してください」という謎のアナウンスがあり笑う。

参考↓

f:id:prophet_vibe:20181111011441p:plain

事前に公表されていた協賛企業に日清がなかったためカレーメシやることはないかなあと残念がっていたんですがまさかの展開にテンションが上がり一人でコールを入れまくってたら隣の会長に笑われました。

カレーメシのオタクでよかった。名古屋1日目ワンチャン期待してます。

といったところでいよいよ開演。

 

★ライブ本編

■始球式

最初佳村はるかの語りが入ったときにいや確かにライオンズとコラボしてたけどもっと適任おるやろと思ってたんですがちゃんと杜野まこさんが出てきて安心しました。

始球式にあるまじきしっかりとした投球フォームを見せており流石~~~となりました。野球のオタクでもあるので。

 

■最初の挨拶

山下七海さんが盛大に噛みまくってたけど噛んでもかわいいのがセコい。噛んだ時の照れ笑いがはっきり見えたので今日の席が勝利であることを確信。

村中知さんの挨拶(テロップ出てるところを指でなぞるやつ)好きなんですけど今回はやってくれませんでした。残念。

 

■1ブロック目
・ 気持ちいいよね 一等賞!

始球式のとき流れでそのまま歌ったりしないかなーと少し期待してたんですが開幕1曲目でした。ドームでの公演ということにちゃんと意味を持たせてくれていた。


・ ニャンと☆スペクタクル

一番早口言葉と縁がなさそうな人が隣にいて驚き。5thのMCで早口パートでオタクが祈るような格好になってたのをイジってた記憶があるんですが2番で本人が同じポーズ取っていたので公認ということなんでしょう。てかライブでここ失敗するの見たことない気がする。プロだなあ。


・ Starry-Go-Round

ロッコの始点・終点の使い方がよく考えられてるなあとおもいました。

参加者が多い曲だとどこ見ていいのか分からないのがまだまだ経験値足りないなって感じだったので自分なりの着眼点を見つけていきたいところです。

この問題はぼくが特に声優を推しているわけではないから来る問題なのかな、とも思いました。会長を見習いたいものです。

 

・MC

朗読劇形式でセリフの中でやった曲について言及していくパターン。個別の感想も聞きたいところでしたが新たな試みとしてアリかなと思いました。

何度か言ったこともあるんですけど各ライブごとに前回成功したことでもあっさり切り捨てて毎回違うことに挑戦してくれるのはこれからもずっと発展させたいという思いを感じられるので好感を持っています。守るべきは過去じゃない。

ただ初日は完全に台本通りに喋ってるだけだったので2日目がアドリブとか客席使ったネタが多かったのと比べるとちょっと見劣りするかな、とも。完全に2日見た上での後付けですけど。

 

■2ブロック目

・Radio Happy

オタク達がよくイントロだけで死ぬとか言ってていやそんな訳ないやろ嘘松か?って思ってたんですけど実際流れるとありえんテンション上がりますね。井上拓は天才。

座席がセンターステージの角からちょうど真正面という話を上でしましたけどこの曲のフォーメーションが真ん中に山下七海さんが立って斜め後ろにダンサーが並ぶ形だったので結構ダンサーが被ってしまったのが少し残念。

円盤とかで見てたんでコールはバッチリでしたが音源持ってなかったのでちょうど配信が始まったこともあり即買いました。


・凸凹スピードスター

今回の公演で楽しみにしていた曲の一つ。(ハイテンション好きの分かりやすいオタクなので)

最初にフル版聞いた時からコールがやばいとは思ってたんですが実際BPM230のしゅがみん連呼に喉をやられました。まだ序盤なのに貧弱すぎる。

機材トラブルっぽいことが起きてて事故りかけてたんですが咄嗟の対応でカバーできててさすがライブ経験豊富だなあと。


・Wonder goes on!!

開演前に会長が一番やって欲しい曲として挙げていた曲。イントロ鳴った瞬間に発狂されていました。優勝おめでとうございます。

会長最推し曲なのに予習が甘くコール漏らしてしまいました。ここにお詫び申し上げます。

 

■3ブロック目
・PROUST EFFECT

はい1日目の優勝。CD音源で聞いた時点でえぇ…って感じの声出てたのに余裕で超えてくるんだが。キャラクターの影響で難解な歌ばっかり回ってくるのに全部完璧だからすごい。天才の中の人はやはり天才。


・桜の風

この曲で初めてあることをしてしまったんですがここで語るには余白が足りない。

ネット上で書く気はないので会った時に突っ込まれたら話しますがそんなに面白い話ではないです。

 

■4ブロック目~
・Dear My Dreamers

一等賞やった時にこっちはやらないのかな、と思ってたらやってくれた。

この曲に全てを賭けるんだという想いがひしひしと伝わってきましたね。ドームでのライブという状況で間違いなく一番燃えるであろうと思われる人が本当に一番燃えていて感動。

 

・炎の華

なぜ演出チームはパッションを走らせようとするのか。期待に応えたパフォーマンスを見せる原優子さんはもちろんすごいんですけど5thの熱血乙女Aの事故とかあるしもっと演者に優しいライブにしてほしいですね。


・アンデッド・ダンスロック

前の曲(炎の華)の終わりあたりでオタク棒の電池が切れて交換に手間取り半分ぐらいまでちゃんと聞けなかった。つらい。前の曲でもいくつかあったんですがこの曲では光を使って絵を映し出す演出が特にキマっていた。結構凝ってたんだけどどうしても演出を見るか演者を見るかの切り替えがうまくいかず難しいところですね。


・美に入り彩を穿つ

ぶち上がる曲なのは間違いないんですがこれでUO折るのなんか違くない?という考えが芽生えてきたので喋る場があったらなんか言います。思考がめんどくさいオタクそのものなので多分同意はされない。

なおこんな事言っときながら現地ではUOガイジと化していた。説得力皆無。

 

・Stage Bye Stage

そうきたか~~~~(語彙力無)

歌詞とか見たら最後にやるべき曲であるのは明らかなのに3人でやるだろうという先入観を捨てることができなかった。反省。

 

■最後の挨拶

最後もMCの流れを汲んだ感じに。個人の感想とか聞けなかったのは少し残念ですがつまりその後のイベントとかラジオとかで感想を喋ってくれるんだろうということなので回収しなければ。あと円盤のコメンタリー。

 

★ライブ後

西武ドーム脱出チャレンジを恙なくこなし池袋で飯食いながら語りあうやつやろうとしたけど語彙力が消失していたので話せませんでした。あと隣の卓が同業者だった。

 

 

という感じで1日目が終わりました。

群馬に続いて2回目のライブ現地でなんとなく自分がライブに求めているもの、参加者としてやりたい事が分かってきたかなあといったところ。

学会で円盤見てるときにぼくがよく言ってることとほぼ近いので会員の皆様はすぐ察しがつくやつです。

 

公演中にやたら「春の」を強調していたので4公演で四季やるんだなってのはすぐピンときて全通決まってて良かった~~と勝利を確信。

ただもう春の曲はやらないんだなあってことでやって欲しかったSpring Screamingがないことがほぼ確定したのとか、推しの藍子ちゃんが出る名古屋1日目は秋だからSnow*Loveはなさそう、とか色々残念になったり。やれる曲数に限りがあるのは当然なのである程度は仕方ないことなんですけどね。

高野麻美さんがブログでメンバー揃ってたのに季節の都合でやらなかったとんでいっちゃいたいのについて触れてておおってなったので演者の皆様はもっと軽率に曲について触れてほしい。

 

おわり。

近いうちに2日目の感想も書きます。早く名古屋に行きてえ。