おさしみはおいしい

新参オタクです

シンデレラガールズ6th ナゴヤドーム公演day2 感想

引き続き12月2日に開催されたナゴヤドーム公演2日目の感想です。

公開が遅くなりましたが殆ど事前に書いてて寝かせてただけなのでセーフ(言い訳)

 

☆ライブ当日まで

1日目のアリーナC10を引いたセブンイレブンに再度発券に行き、アリーナB3を引く。

2日連続アリーナに感謝。アソビストアプレミアム会員の永久継続が決まったし発券はここでしかやらないと誓った。

1日目に大変な目に遭ってしまったのをかなり引きずってたんですが、泊めてくれた先輩(先輩ではない)の家でアニメ見てたらなんとか今日も頑張れるな、という状態まで回復しました。ありがとうございました。

 

☆開演まで

2日目は副会長と連番でした。前述のとおりアリーナB3ブロック後方席で、座席表見た感じだと角度があるのでちょっと見づらいかなと思っていたんですがメイン・センターともに程よい近さで見れる席でした。(と開始前は思っていたが実際はとんでもない席だった。後述)

個人的には1日目で燃え尽きたので、この日は純粋に楽しむことだけ考えて気楽に臨んでいました。(フラグ)

 

☆ライブ本編 

 

・Snow Wings

開幕即敗北宣言。今回初めてメンバーが揃うということで公演の目玉扱いされてた曲ですが全く出し惜しみすることがなかった。後半どんな曲が来るんだろうという期待が高まっていく。

 

・アツアツ♪マカロニグラタン

はい可愛い。ライブ前に五十嵐響子オフと称してハンバーグやグラタンやオムライスを食う会をして予習した甲斐がありましたね。(関連性は一切ない)

ただ種﨑敦美さんの声聞くために来てるんだからオタクは安易にフーフーを重ねないでほしい。ほんまに。

 

・Sunshine See May

副会長のこの曲の鑑賞方法が完全に""正解""だったのでぼくも真似していこうと思います。

相変わらず鈴木みのりさんはありえん歌上手いですね… っていう感想を出てくる度に書いてる気がするけど事実なのでセーフ。


・楽園

この曲はSS3Aで初披露したときのパフォーマンスが非常に感動的だったのでそこから気に入ってます。

その時からまだ3ヶ月しか経っていないのに明らかに成長が見られて伸び代〜〜ってなった。


・Snow*Love

アニメのEDでネタにされてた例のダンスはライブで観ると普通にかわいかったので作画が悪いということにしました。

属性曲はあまりメンバーに拘らないので期待薄ですがいつかは藍子ちゃんにCメロのソロパートを歌ってもらいたい……


・Starry-Go-Round

予想外のところから殴られて死にました。トロッコがとんでもなく近い。西武1日目のB7や名古屋1日目のC10の比じゃなく、間違いなく史上最も接近した瞬間でした。演者がぼくの顔を視認することができるレベルだったと思います。

あまりに衝撃を受けて曲中なのに(間奏だけど)副会長に「この距離マジでやばくないですか!?」と話しかけてしまいました。ごめんなさい。


・きらりんロボのテーマ

冒頭の寸劇から曲中の観客への呼びかけまで「遊園地のヒーローショー」を意識した演出が完璧でしたね。公演のコンセプトが事前に発表されてたんだからこれぐらいは予想してなければいけなかったのかもですが。

新幹部にオムライスにされたい。


・あんずのうた

これが来たことで3大「新参のぼくがライブでコールしてみたかった初期の曲」を全部6thでやってくれたことに。ありがてえ。(残り2つはメルヘンデビューとOrange Sapphire)

もりくぼが1つのライブの中でも曲によって振れ幅がすごいし、どの方面でも期待通りのパフォーマンスを見せてくれる高橋花林さんの有能さを再認識。

 

・MC(キュート)

告白の練習とかいう名の好いとうよ選手権の再来。結果は優勝。

 

ここまでに杏の出番固めといてMCでネタにしていくところとかそういう部分まで考えてセットリスト組まれてるんだなあと感心したし、そういう事を考えてないから予想が外れるんだなあと反省。

 

MCについては西武ドームの時と比較して明らかに台本変わってるし同じツアーの中でも意見を取り入れて改良していく姿勢がよく見えたのが◎。ここの運営はアンケート読んでくれるというのが分かったので今回はしっかり書こうと思いました。


・この空の下

こいつら6回組に感動系のバラード歌わせればいいと思ってやがる。正解。

正解だけどあまり型に嵌めすぎると可能性が狭まってしまうので違う方向性も見たいですね。これは次回以降に期待するところ。


ツインテールの風

今回のライブは光の演出とかが凝ってたので、メガネかけた信長が出てきたらどうしようとか思ってたんですが、

実際に出てきたのはメガネかけた長島光那さん。100%正解。

全公演でやったSEASONS表題曲の風の歌はオリジナルメンバーいなくても他の季節で歌った人を優先的に起用していて一つの物語として繋がる意識が感じられて良いですね。

・With Love

人がリアルに膝から崩れ落ちる現場を目撃してしまった。「あそこ(高田の位置)茜の立ち位置ですよね?」と副会長に確認したときの苦悶の表情が忘れられないので今度詳しくお願いします。

曲としてはラストのフレーズ(永遠に続きますように With Love)の種崎敦美さんの歌い方がめっちゃ好きなのでそこが聞けて満足。

 


・Frozen Tears

満を持して渕上舞さん登場。この曲については学会で色々聞いていたので見所については分かっていたのですが、

聞いているうちに隣の副会長が大変なことになっていたのでつられて泣いてしまった。これは仕方ない。

最後の口の動きについては既に散々語り尽くされているとは思いますが、

渕上さんについて詳しくないぼくでも北条加蓮というキャラが滅多なことではあんな事言わないというのは分かるのでそこで敢えて言わせた意味は、とか考えてしまいました。

後で副会長に答え聞いたらぼくの考えは大きく外してはいなかったのでよかった。

副会長についてはこの次のギルティどころかさらに次のラブデスでまた渕上さん出てきてるのにずっとタオルを目に当てたままだったので

これは本当にえらい事になったなと思いUO折るのやめたり棒の振りを弱くするなどしておきました。

 

・Neo Beautiful Pain

円盤で見たときにはパフォーマンスかっこいいなあくらいのイメージしかなかったんですけど、

今回見たときに全てをやり終えた後暗転するときにものすごく晴れやかな表情をしているのが見えて

ライブでは感じたことのない感情が出てきてどうしたものかなあとなりましたが詳しくは省略。

この話を打ち上げにいた奈緒Pにしようと思ってたのに忘れてたことを今思い出した。この後の曲でそれどころではなくなってしまったので。


・Trinity Field

1日目の感想を見てたら光の演出が推されていたのでそっちに注目しました。(1日目は歌を聞くので精一杯だった)

この後の展開を思えばそれで正解だったし運が良かった。

TPといえば4thの奈緒ソロパートが完全に優勝だと思ってたんですけど今回のはそれを軽々超えてきた感がある。事前の色々な情報からこの曲に全力というのが明らかに伝わってきてたのでこういう事だったんだなあと。

 

・流れ星キセキ

やる事自体は予想できてたんですがそこに至るまでの流れは完全に想定外でした。

この曲の立ち位置は明らかに最高のエンディングへ向けた歌だし、開幕の演出とかもありこれで最後かなあと思い今日のライブも良かったなあと勝手に総括を初めてしまったのを後で大いに反省しました。

その後どうなるかは皆さんご存知の通り。てかこの直後に書いてる文がそれですけど。

 

・always

これを「全員に」「最後に」歌わせようと考えた人はほんまに何なんだ。

コンテンツのことを完全に理解しているし客のニーズも完璧に把握している。まさにプロの所業。素人が生意気にもセットリスト予想などしてしまい本当にすみませんでした。

最後は盛り上がる曲で終わるもの、という固定概念を見事に破壊してくれました。この辺は1日目の総括で書きました(本当は2日通しての総括にするつもりだったのに先走ってしまった)

 

歌い始めて全員が揃ったときに、頭に浮かんだのはこの文章でした。

f:id:prophet_vibe:20181208125657j:plain

デレステ3周年のときに実装された限定SSRのセリフ。

これを思い出してからはこれまでの色々を思い返していたら曲を聞くどころではなくなってしまいました。

 

藍子ちゃんがいいなーと思った翌日に情熱ファンファンファーレのイベント告知が来てひたすらにテンションが上がってイベントを走り抜けたこと。

ライブに興味を持ったと同時に都合よく知人がチケットを余らせていたこと。

そのライブを終えてすぐに学会が発足し詳しい人からコンテンツについて勉強させてもらえる機会を得たこと。

そして勉強を重ねて自分で初めてチケットを取ったライブで最高のステージを見せてもらえたこと。

 

その他色々考えてたらボロ泣きしてしまいました。(というかこれを書いてるときに資料として上のカードのセリフとか聞いてたらまた泣いてしまってしばらく書く手が止まった)(注:これを書いたのはライブ3日後ぐらいです)

全てにおいて都合が良かったし機会に恵まれていた。これが縁とか運命とかそういうものなのだろう。

学会でよく縁がないと長続きしないよね、みたいな話をするんですけど本当にそうだなあと。ここまで色々してもらったらそうそう抜け出せない。

ぼくをこの界隈にどっぷりハマらせてくれた全ての皆様にありがとう。

 

☆終演後

久将軍が企画した打ち上げに参加。色々な話が聞けました。(この時はまだ元気があった)

その後まだ話すことが多すぎるなということで気心の知れたメンツで朝まで開いてる居酒屋に移動し二次会。

普段はあまり自分から喋るほうではないんですが、この場でだけは感情を吐き出さないとどうにかなりそうだったので

最初の感想記事に書いたやつとかalwaysのところに書いたやつとかを結構な長尺で喋ったらまた泣いた。お付き合いいただきありがとうございました。

ここで聞いた会長や副会長の話があまりに重かったので、それを受けてぼくもある決意を固めたのですが今は伏せておきます。語れるようになるレベルまでぼくが到達できたら言います。

 

☆まとめ

開演前に気楽に楽しめればいいやと思っていたのは何だったのか。 選曲とか構成とかから明確な意図が見えたのでそれに全力で乗っかるのが礼儀と思い大いに泣かせていただきました。

盛り上がり系の頂点が5thSSAで感動系の頂点が6th。元々曲の好みが極端にアッパー系に寄ってるぼくですら今回のラストはやばいなってなったので本当にやばいやつだと思います。次はどんな頂点を見せてくれるのかな。

 

全体的に見ればとてもいいライブでしたが多少残念なところがあったのも事実なので(音響まわりとか…)アンケートにしっかり書きました。次回良くなってくれるといいな。

 

おわり。

早く2月の再上映行きたい。円盤も早く出てくれ。