クイズゲームをしていた芽兎めう

芽兎めうよりも山形まり花がすき

ぼくと情熱ファンファンファーレ

機を逸してしまった感しかないですが書いたのでとりあえずUPしておきます。

全体の流れを振り返るのは色々ありすぎて書ききれなかったので断念しました。次こそは。

 

というわけでぼくが一番書きたかった部分だけ書いておきます。

 情熱ファンファンファーレについてです。

 

まず率直に申し上げてぼくはこの曲のためにライブに行きました。

最初の記事にも書きましたがこれが本格的にこの世界にハマるきっかけになったので思い入れがありえん強い曲です。

 

最初に曲が出たときにはあんま評価高くない感じでしたが、いやこれはライブでやってナンボの曲やろライブやってから判断しろやとずっと思ってました。

そんな事思ってたやつがその初披露に行かないとか、終わってから思い返せばあり得ないことだったんですけどね。

 

∀NSWERから始まったブロックが明らかにデレステ曲ゾーンだったので、ラブレターのイントロが聴こえたあたりから既に「あっ次来るわ」という確信しかありませんでした。なのでラブレターはあんまり頭に残らず。ちょっと損した気分。

 

ラブレターが終わって身構えてたら思った通りの未央の掛け声。

ここで既にテンションが振り切れ隣のオタクに「これから頭のおかしいオタクになります」宣言。

 

イントロから軽く泣いてた気がします。

何度も見たMVそのままの歌とダンスが目の前で行われている。それに合わせて自然に声が出る。

開幕~2番サビあたりまではノリだけでひたすらに叫び続けました。

 

 

その後の間奏でのセリフ。

未央「私たちはこれからも友情パワーでどんどん攻めていくからね!」

茜「ポジティブに!」

藍子「そして、パッションに!」

 

あっこれは…(昇天)

 

 

↑この動画のラスト20秒くらいです。何度も見たので一瞬でこのシーンだと分かりました。

 

というわけでここで完全に撃沈しました。お疲れ様でした。

その後は終わるまでわけのわからない言葉を叫び続けた結果隣のオタクから一番うるさいオタク認定を受けました。仕方なかった。

Cメロとか歌詞も音もめっちゃ泣かせにきてたはずなのにテンションが振り切れすぎて記憶障害になって全く思い出せない。つらい。

 

フル版初披露なはずなのにコールの揃い方がヤバかったですね。元々わかりやすいのもありますが原紗友里さんの客の煽り方がありえん上手くてこの人天才かよって思いました。特に最後のイェーイ!とか。 

その後のMCで藍子ちゃん会議をやってくれてもう一度死にました。これがライブの最後でよかった。序盤だったらライブの大半を放心状態で過ごす羽目になってた。

 

↑藍子ちゃん会議。

 

終わった後に色々なオタクのライブ感想を読んで、この曲の評価がめっちゃ上がってるのを見てニヤニヤする気持ち悪いオタクと化していました。

ライブでこそ輝く曲というのは間違ってなかった。情熱ファンファンファーレを、ポジティブパッションを信じてよかった。

記憶が飛んでしまったCメロを取り戻すために日本コロムビアさん早くCD出してくださいお願いします。

 

そして現地でファンファンするまではオタクを辞められないという決意を固めました。

来年は絶対ドームに行こうな。

 

おわり。